ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

17.04.03

(株)それいゆアグリ安全祈願

 JAあしきたが出資する株式会社「それいゆアグリ」が4月1日、新年度スタートにあたり、安全祈願を行いました。当日は同JA組合長である丁道夫社長や、子会社取締役をはじめ、従業員ら約40人が参加。神事の後は丁社長が「今年1年間、ケガや事故の無いように、また、農作業が困難な農家の手助けとして大いに活躍してほしい」と挨拶しました。

 (株)それいゆアグリは生産者の高齢化が進み、後継者不足が深刻化する中、地元の農業を守りたいと若手の専業農家が集まり、約20年前から農作業代行を始め、平成22年に「(株)それいゆアグリ」として法人を設立。受託件数は年々増加し、最近では果樹や野菜の収穫作業など、労働力の人的な請負作業を依頼する農家が急増しています。

 受託生産部の豊田武史さんは「受託作業の申込み増加に伴い、従業員も増加している。多種多様な業務を行う中で、農作業事故ゼロを目標に農家が満足する請負作業を行っていく」と話しました。

 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場