ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

太秋柿目均し会・初選果
16.10.5

 JAあしきたは柿「太秋」の出荷を目前に控えた10月5日、太秋出荷説明会と目均し会を芦北町で開き、生産者や県、JA関係者ら約50人が参加しました。

 同JA柿部会の倉永淳一副部会長は「今年度産は順調に仕上がっており、高単価での販売を期待している。数量確保を徹底し、計画出荷を行い、所得向上に努めよう」と挨拶しました。

 説明会終了後は、目均し会を行い、生産者と実際に果実を手に取り出荷規格を確認しました。

 8日には、同JAマルタ選果場で初選果が行われ、赤く色付いた太秋を作業員が外観を一つ一つ丁寧にチェックし、各等階級に分けて「くまもと太秋」の箱に詰めました。

 今年産は、8日より県内や関東地方を中心に出荷が始まっており、同JAのファーマーズマーケットでこぽんでも販売します。

 
 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場