ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

サラたまちゃん播種講習会
16.9.9

 JAあしきた管内で、特産のサラダタマネギ「サラたまちゃん」の播種(はしゅ)作業が始まっています。「サラたまちゃん」は減農薬、減化学肥料にこだわり、環境に配慮した栽培を行っており、辛味が少なく水でさらさず生で食べてもおいしいことで消費者から人気を集めています。

 JAでは9月9日、水俣市袋地区の圃場(ほじょう)で「サラたまちゃん播種講習会」を開き、生産者約40人が参加しました。講習会では、播種の時期や播き溝の深さ、発芽後の管理、農薬基準について確認。講習会終了後、播種の実演を、参加者は熱心に作業の様子を観察しました。

 播種作業は10月上旬まで行い、11月上旬から定植作業が始まります。

 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場