ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

デコポン・甘夏定点調査
16.8.10

 JAあしきたは、管内22ヵ所の園地でデコポン、甘夏の果実肥大調査・果実分析を行っています。

 調査は例年6月〜12月中旬まで。10日間隔で実施し、各園地を果樹指導員や県指導員らが巡回し、果実の大きさや糖度と酸の状況などを確認します。収集したデータを部会や関係機関で共有し、栽培指導に活用しています。

 デコポン、甘夏は6月〜7月の曇天の影響で中玉傾向にありましたが、生育状況は昨年並みの果実の大きさで推移しています。

 調査したJAの梅田真ノ介指導員は「梅雨明け以降、雨が降っていない為、今後果実肥大が鈍くなる恐れがある。これから摘果と潅水を行い、肥大促進に繋げてほしい」と話しました。

 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場