ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

湯浦小学校ふれあい農業体験
15.5.27

 芦北町立湯浦小学校は5月27日、ふれあい農業体験を実施し、学校近くにある畑でサラたまちゃんの収穫を行いました。この日収穫したサラたまちゃんは、5月末から6月末限定で出荷される「スーパーサラたまちゃん」。児童たちは、JA職員・同小学校教員のサポートを受け「大きく育ったね」と歓声をあげながら、1時間弱で約750キロを収穫しました。


 ふれあい農業体験とは、『農作業を通して食と命の大切さを学び、農業のよき理解者として育ってほしい』とJAあしきた湯浦基幹支所が企画し、同小学校へ呼びかけて実現したものです。学年ごとにわけて農業体験を実施し今年で3年目、サラたまちゃんの収穫は今回が初めての取組みです。


 当日は、同小学校2・3年生約50人が参加し、ハサミを使って葉と根を一つひとつ丁寧に切り落としました。収穫したスーパーサラたまちゃんは、参加した児童がお土産として家に持ち帰ったほか、同小学校のPTA関係者などに販売する予定です。

 
 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場