ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

水俣市献穀事業 御田植祭を開催
14.6.7

 水俣市献穀事業の「御田植祭」が6月7日、水俣市薄原地区の斎田で行われ、田男と早乙女らが秋の豊作を願い苗を植えました。10月4日には手作業で稲を刈る「抜穂祭」を行い、10月下旬頃には献穀献納式が執り行われます。


 当日は、行政やJA関係者ら約70人が出席。玉串奉奠などしめやかに神事が執り行われ、多くの地元住民が見守るなか、地元緑東中学校の2年生11人が一列に並び一つひとつ丁寧に苗を手植えしました。


 献穀者の淵上弥生さん、由美子さん夫妻は「熊本県代表として立派な献穀品が献上できるよう、実りの秋にむかい栽培管理に励みます」と意気込みを語りました。

 
   


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場