ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

田浦小学校稲刈り
 

 芦北町立田浦小学校の5年生約50人が10月17日、校舎横にある8アールの田んぼで稲刈りを行いました。食農教育の一環として、JAあしきた青壮年部田浦支部や児童保護者の協力の下、毎年田植えから稲刈りまでを行っています。


 今回刈り取った稲は、児童が6月に植え付けたもち米で、同青壮年部の指導のもと、鎌やコンバインを使って大きく育った稲を刈り取り。児童は「作業は大変だったけど、立派なもち米が出来て嬉しい」と笑顔で話しました。


刈り取った稲を協力して掛け干しする青壮年部員と児童刈り取った稲を協力して掛け干しする青壮年部員と児童

 刈り取った稲は数日間掛け干しした後、脱穀し、一部は同小学校の調理実習で使用、残りは餅つきを行い、バザーで販売をする予定です。


 


第3回親子ふれあい農園開催
 

 JAあしきたで10月20日、あぐりキッズスクール「第3回親子ふれあい農園」を開き、管内の親子約60人が参加しました。


 3回目となった今回は、6月に植えたお米の稲刈りを実施。子供たちはスタッフの指導を受けながら、鎌を使ってコンバインで刈り取りにくい四隅を刈り取り。その後、1人ずつコンバインに乗り操縦にも挑戦しました。子供たちは、楽しみながらも真剣な表情で操作しました。


鎌やコンバインを使って稲刈り体験を楽しんだ参加者たち鎌やコンバインを使って稲刈り体験を楽しんだ参加者たち

 昼食は、特産「あしきた牛」と新鮮な地元野菜を使ったバーベキューを行い、賑やかな食事の時間を楽しみました。


 次回は、サツマイモの収穫などを計画しています。


 


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場