ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

サラたまちゃん出荷反省会
13. 10. 1

 JAあしきたはこのほど、特産のサラダタマネギ「サラたまちゃん」の出荷反省会を津奈木町で開き、生産者や市場、JA関係者ら約140人が出席しました。反省会では、優良生産者として渕上秀記さん、松本千秋さんを表彰。2013年産の生産・販売経過報告、2014年産の生産・販売対策、市場情勢報告を行いました。


 2013年産は、昨年11月〜12月の定植時期にかけて、降雨が多く作業の遅れが出たため、4月中旬頃までは小玉傾向であった。しかし、その後の天候回復や生産者の栽培努力もあり、総販売量は2411(前年対比126%)となりました。


 2014年産の栽培はすでに始まっており、現在、播種作業も大詰めを迎えています。今後は、10月下旬からはじまる「葉付サラたまちゃん」の定植作業にむけて、排水対策や病害虫防除などを徹底して行うことを確認しました。


 
スクリーンを用いて2013年産の販売実績等を報告

スクリーンを用いて
2013年産の販売実績等を報告

真剣な表情で話しに聞き入る生産者たち

真剣な表情で話しに聞き入る生産者たち

   


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場