ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

職場体験学習で生徒7人を受け入れ
13. 9. 17

 水俣第一中学校と第二中学校の2年生が9月11日、12日の2日間、働くことの意義や職業に対する意識を高めることを目的に職場体験を行いました。JAあしきた水俣支所では7人を受け入れ、同支所のスタンドや直売所などで日常業務を学びました。


 直売所では接客や商品の陳列、SSでは給油中の車輌の窓拭きなどを体験しました。また、今回初めて農家でも職場体験を実施。第一中学校の生徒2人、第二中学校の生徒1人の計3人が、水俣市でサラダタマネギ「サラたまちゃん」やデコポンの栽培を行う坂本隆司さんのほ場を訪れ、デコポンの枝つり作業やサラたまちゃんの播種作業を体験しました。


 今回農作業を体験した、第一中学校の田中希央さんは「思っていた以上にキツイ作業が多く、ハウス内での枝つり作業など暑くて大変でした」と2日間を振り返りました。


 
職場体験学習で生徒7人を受け入れ 職場体験学習で生徒7人を受け入れ
   


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場