ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

中晩柑類大苗配布
13. 8. 22

 JAあしきた田浦育苗センターで8月22日、中晩柑類の大苗の配布を行いました。柑橘栽培が盛んな同JAでは、4年前から高接ぎ園を優良品種の苗に更新する改植事業に取り組んでいます。


 この大苗は、今年の3月に田浦地区の青壮年部や果樹部会役員・生産者(大苗の予約者)の協力で、肥料袋に苗を植え付け準備したもの。配布までの5ヶ月間は、JAあしきた田浦地区青壮年部が中心となり、かん水や芽かぎなどの栽培管理を行います。ビニールハウスで栽培したあと園地に定植するため、大幅に生育を促進することが出来ます。さらに、園地に定植してから収穫までの期間を短縮することが出来るため、農家の所得アップに繋がります。


 当日は青壮年部やJA職員ら17人が参加し、温州や中晩柑類(甘夏・不知火)の苗、計2855本の予約分を1日かけて配布しました。同部会は、現在の高接ぎ園を2014年の春までに全て苗に改植する計画を立てており、今後もデコポンの更なる振興と品質向上の為に活動を行っていきます。

 
   


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場