ホーム > トピックス > 詳細

トピックス

「JAあしきた東部かっさい市場」オープン
13. 8. 15

 水俣市市渡瀬地区にある、JAあしきた東部支所が8月7日、国道268号線沿いの葛渡地区に移転し「JAあしきた東部かっさい市場」として新たにオープンしました。オープン初日に買い物に来た地域住民らは「これからはいつでも買い物に来ることが出来る。10年間、この日を心待ちにしていました」と期待を寄せます。

 

 新しくなった同市場ですが、以前は「農産物直売所かっさい市場」として地元自治会でつくる東部地域振興協議会が2003年9月に開設、週2日営業をしていました。周囲に買い物施設がないことから、地域住民より営業日拡大などを望む声があがったものの、地元自治会では限りがある――そこで今回、同JAが協力し店舗の経営を引き受け、市の補助で建物も新しく建設しました。

 

 また、店舗内にYショップを導入することで、農産物や手作りの加工品に加え、パンや菓子、飲料、日用品など幅広い品揃えが可能に。土日祝日も毎日営業し、時間も朝8時〜夜7時までと、自動車等の移動手段がない人にとって以前にも増して魅力ある店となりました。

 

 落成式当日は、JAや行政関係者ら約50人が出席。式典ではテープカットなどを行い、JAの高峰博美組合長が「地域住民とJA、行政がコラボレーションしてこのような取り組みをするのは今回が初めて。今後もお互いに連携をとり、JAあしきた東部かっさい市場を核に地域活性化を目指そう」と挨拶しました。

 
   


ページトップへ

重要なお知らせ

  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • JAバンクのご紹介(JAバンクホームページへ)
  • JA共済のご紹介(JA共済ホームページへ)
  • 相談会のご案内
特産品販売
とれたて市場